挨拶文の接頭語・結語

接頭語

時候の挨拶を述べた後は、「相手の安否を伺う挨拶」で相手を気遣い、 次に、日頃のお礼や感謝を述べるのが一般的です。 注意しなければならないのは、いくつも挨拶を重ねると大事な用件がわかりにくくなるということです。 状況に合わせて、簡潔な文章にすることが大切になります。

相手の安否を伺う挨拶

相手の安否を伺う挨拶

日頃のお礼や感謝の挨拶

日頃のお礼や感謝の挨拶

ご臨席・ご来場等に対するお礼の挨拶

ご臨席・ご来場等に対するお礼の挨拶

お詫びの挨拶

お詫びの挨拶

 


結 語

用件を伝える主文の後に続くのが「結びの挨拶」です。
格調高い手紙や丁寧な手紙にしたい場合は、「厚誼を願う挨拶」や「健康・繁栄・幸福を祈る挨拶」などを取り入れ、「用件を結ぶ」挨拶で締めくくります。
2つ以上の「結びの挨拶」を入れる場合は、「申し上げます」などの語尾が重ならないように工夫しましょう。
頭語・結語・時候の挨拶を省略して、とても簡潔な手紙の場合は、結びの挨拶を省略しても問題ありません。

厚誼を願う挨拶

厚誼を願う挨拶

ご臨席・ご来場等を願う挨拶

ご臨席・ご来場等を願う挨拶

健康・繁栄・幸福を祈る挨拶

健康・繁栄・幸福を祈る挨拶

用件を結ぶ挨拶

用件を結ぶ挨拶

 


頭語と結語の組み合わせ

前文と末文に用いる手紙特有の挨拶用語を「頭語(とうご)」と「結語(けつご)」といいます。
頭語は手紙の冒頭に、結語は結びの挨拶の最後に用います。
手紙を出す相手や手紙の内容にふさわしい「頭語」「結語」を使用することが大切です。
頭語と結語には決まった対応関係がありますので、必ずセットで使用して下さい。

往 信

頭 語

結 語

一般的

・拝啓(はいけい) ・拝白(はいはく)
・啓上(けいじょう) ・拝呈(はいてい)
・一筆啓上(いっぴつけいじょう) ・一筆申し上げます

・敬具(けいぐ)
・敬白(けいはく)
・拝具(はいぐ)

かしこまりたい時

・謹啓(きんけい) ・謹呈(謹呈)
・一筆啓上 ・一筆申し上げます

・敬具 ・敬白
・謹白(きんぱく)

急ぐ時

・急啓(きゅうけい) ・急白(きゅうはく)
・取り急ぎ申し上げます

・敬具
・草々(そうそう)

前文を省略する時

・前略(ぜんりゃく) ・冠省(かんしょう)
・前略ごめんください ・前文お許しください

・草々
・不一(ふいつ)

再 信

頭 語

結 語

一般的

・再啓(さいけい) ・再呈(さいてい)
・重ねて申し上げます ・度々失礼とは存じますが

・敬具
・敬白

返 信

頭 語

結 語

一般的

・拝復(はいふく) ・拝答(はいとう)
・ご書状承りました

・敬具
・敬白


▲トップに戻る